医薬品輸入代行,ネット総合病院,会社概要

ネット総合病院のとはどんな会社でしょうか。その会社概要について。

ネット総合病院のとはどんな会社でしょうか。その会社概要について。

ネット総合病院とは一体?

ネット総合病院とは一般的には耳慣れない言葉でしょう。会社概要としては海外の医薬品の個人輸入を代行する会社ということになります。海外の医薬品を個人輸入をするには様々な問題が生じてきます。まず、薬に対する知識と外国の製薬会社と取引をするための言葉の問題等々。何よりも正規品かどうかも判断が難しいということになります。

 

 

 

日本は薬事法が厳しい

日本の薬事法には様々な規定があります。医薬品の個人輸入に関しては本人が使用することは認められていますが、転売したり譲渡することは認められていません。また薬事法に指定されていない成分を含んだものを入手すると薬事法違反ということになります。ネット総合病院はそれら個人輸入に関する全ての手続きを代行してくれる会社ということになります。
それでは、ネットで注文をすることは転売になるのではないかという問題になりますが、ネット総合病院で購入するのではなく、その医薬品の個人輸入を代行してもらうということになるわけで違法にはなりません。

 

取り扱っている商品数が多い

取り扱っている商品は処方箋薬ということになります。これは医師に処方箋をもらって購入するという意味ではなく、医師が処方することのできる薬というとらえ方をすると分かりやすいでしょう。つまり薬事法に違反しない薬ということになります。

 

取り扱っている商品数が多い

かつては個人輸入薬といえばED治療薬ということになっていましたが、今や幅広い範囲の治療薬が取り扱われています。主にはED治療薬、AGA治療薬、肥満治療用のダイエット医薬品、禁煙外来で使用される医薬品等々があります。クリニックを受診して医師に処方してもらうことがもちろん理想ですが、受診するのが恥ずかしい、受診する時間がなかなか取れないなどの理由で個人輸入をする人も増えています。

 

 

 

ネット総合病院は信頼できる

処方箋がなくても購入できるという手軽さがありますが、使い方を間違うと危険なこともあります。個人輸入は全責任が自分にかかってくるということを忘れてはなりません。
しかし、ネット総合病院から入手した薬剤は正規品であり、薬事法に違反した成分は含まれていません。医薬品自体は安心して使用することができるでしょう。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ