個人輸入代行通販サイト

個人輸入代行通販サイトの基礎知識

個人輸入代行通販サイトの基礎知識

個人輸入代行って一体なに?

個人輸入代行通販サイトとは文字通り消費者の代わりに輸入品を仕入れてくれる通販サイトです。
主に日本では入手できない海外の医薬品を個人輸入してくれますが、詐欺サイトが多数ある問題も抱えています。そもそも個人輸入代行通販サイトが出来た背景には商品である海外の医薬品の存在が大きいです。

 

 

 

個人輸入代行の基礎知識@

まず海外の医薬品は他国には手軽に入手できる反面、日本で購入できません。
その理由は簡単で、海外医薬品だと分類されている薬は日本では未承認だからです。あるいは日本で定められている医薬品認可の基準をクリアできなかったからと言えます。日本では流通を許される薬の規定が厳しく、たとえ優秀な薬でも国内の基準に達していなければ利用する事はできません。

 

個人輸入代行の基礎知識A

医薬品ではありませんが赤ん坊の飲食物であるミルクは国内では母乳か粉ミルクのどちらかですが、海外にはもう1つ液体ミルクという商品があります。液体ミルクは粉ミルクのような手間がないところが魅力的で、知っている子持ちの母親たちからは「是非輸入してほしい」という声があるものの、未承認ゆえに現時点では断念されているものです。同様に優れた育毛剤やED治療薬が海外にはあるものの、正式なルートでの申請をしてもコストと時間がかかる現状が待ち構えています。「それでも欲しい」というニーズが後を絶たない理由は海外の医薬品を用いれば消費者が抱えている症状が治る可能性があるからです。
そのジレンマを解消するために個人輸入代行通販サイトが誕生しました。

 

 

 

個人輸入代行とは?

個人輸入とは個人が海外の品を取り寄せる事で、たとえ未承認な薬でも認められていない医薬品を除けば購入できます。これは政府も認めているので問題ありませんが、グループでの購入や24個以上の数量は厳禁です。また使用時は自己責任である点も特徴と言えます。しかし個人輸入での最大のネックは外国語を用いる事ですが、代行通販サイトなら消費者の代わりに購入を請け負ってくれるので問題ありません。必要な情報を提供するだけなうえに診察など面倒な手間がないところがメリットです。一方で注文してから10日以上の時間がかかるというデメリットも存在します。日数の問題は購入先が海外である以上仕方がない事でありますが、個人輸入最高通販サイトの最大のデメリットはまともなサイトに紛れて詐欺サイトがある事です。

 

危険なサイトもある!?

代金だけを手に入れて代行しないサイトや別な商品を発送するサイトなどありますが、そこは他の業者や比較及び検索サイトを利用して見極めるしかありません。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ