医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

個人輸入代行通販サイトでジェネリック医薬品が買える

個人輸入代行通販サイトでジェネリック医薬品が買える

海外で販売されているジェネリック医薬品を購入できる

個人輸入代行通販サイトを利用すれば、海外で販売されているジェネリック医薬品を購入することができるようになります。ただし、利用する際には自己責任になりますので、注意をして利用するように心がけましょう。通常、医薬品そのものを海外から購入することは法律に違反することです。これは、法律によって海外から薬を購入して販売、または転売することを禁止しているからです。

 

 

 

実際に海外の薬を買おうとすると障害が…

一方で、全くの個人目的で薬を購入することは合法と考えられています。これは、個人目的で薬を利用したとしても自己責任で済む話になるからです。ただ、実際に自分で海外から薬を購入するとなると、手続きが面倒だったり海外の言葉を取得しなくてはならなかったりとハードルが高いという背景もあります。そこで、個人輸入を代行でやってくれる業者が存在するわけです。この業者を利用することで、海外で販売されているジェネリック医薬品を入手することができます。

 

ジェネリック医薬品って一体なに?

そもそも、ジェネリック医薬品とはどのような薬なのでしょうか。元々、医薬品には権利関係が存在します。ある企業が医薬品を開発した場合、その医薬品の権利はその会社に帰属することになります。当然、企業が独占的にその権利を主張することができるわけですから、他の企業はその薬を勝手に開発することができなくなります。

 

 

 

権利主張はいつまでもできない

一方で、こうした権利の主張はいつまでもできるわけではありません。一定期間が経過すると、先に開発して獲得されたその権利の主張の期限が切れてしまうわけです。こうした先に開発された薬の権利が切れる、それまでは権利関係で開発することができなかった他の企業も似たような薬を開発できるようになります。

 

模倣して開発されたものがジェネリック医薬品?

そして、こうした先に開発された薬の成分を研究して模倣して開発されたのが、ジェネリック医薬品というわけです。先に開発された薬は先発医薬品と呼ばれ、後発的に開発されたジェネリック医薬品は文字通り後発医薬品と呼ばれています。こうした背景がありますので、そもそもジェネリック医薬品を開発すること自体は合法ですし、販売することも認められています。ただ、日本国内と海外ではこの権利関係に関する考え方が全く異なります。

 

 

 

 

個人輸入代行を利用することのメリット

海外で認められているジェネリック医薬品であっても、日本国内で販売することは認められていないものが非常に多いのです。そのため、日本国内で販売されていないジェネリック医薬品を求めて、個人輸入代行を利用してそれらを入手する人が後を絶たないわけです。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ