医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

お薬ナビに統合されたライフパートナー

お薬ナビに統合されたライフパートナー

ライフパートナーとは一体なに?

ライフパートナーはインターネットで海外から医薬品を購入する場合に利用できるサイトのひとつで、海外の会社が運用していましたが、現在ではライフパートナーとしての独立した運用は行っておらず、姉妹サイトとしてこれまでも存在していたお薬ナビとよばれる別のサイトに統合されています。したがって今後はこの統合後のサイトを利用することになりますが、すでにライフパートナーを通じて取引をしたことのある人がリピーターとして利用する場合には、旧サイトからの情報が引き継がれます。

 

 

個人輸入代行は処方箋がなくても購入できる

こうしたサイトの性質ですが、感覚的にはいわゆる通信販売と似ているものの、実際には個人輸入の日本語による代行サービスとなっています。医薬品にはいくつかの種類があり、このなかでも虫刺されの薬や頭痛薬、目薬といって比較的人体に対する影響がおだやかなものに関しては、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどの一般の店舗でも気軽に購入できるようになっています。またこのような類型にあたる医薬品は、国内の薬局が通信販売を通じて国内にいる人に対して販売することもあり、いずれも医薬品や医療機器を規制する法律上は認められたことがらといえます。しかしそれ以外の医薬品に関しては、基本的に医師による処方箋がなければ購入できませんし、薬剤師などを置いていないコンビニエンスストアなどでも取り扱っていないという点に注意が必要です。

 

医薬品の輸入代行は国から認められている!?

このような医薬品を入手する手段として例外的に認められているものとして、医薬品の個人輸入が挙げられます。たとえば国内では臨床段階に入っておらず販売されていないものの、難病の治療などのために必要としている人がいる場合には、一律に法律によって医薬品の入手をさまたげることはデメリットとなります。そこで少量を個人自身が服用する目的で輸入する場合に限定して、海外からの輸入を認める特例があります。

 

 

 

日本語でスムーズに取引ができちゃう♪

このような特例を利用する場合であっても、相手が英語などの言語では容易に輸入する手続きができないのはもちろんです。そこでかつてのライフパートナーのような個人輸入代行の会社を間にはさむことによって、日本語でスムーズに海外との取引をすることが可能になります。一般的な医薬品の通信販売と異なるのは、国内の薬局などが自前で販売している製品ではないこと、あくまでも個人が海外の薬局から直接輸入することという点です。海外から発送されるためある程度届くまでに日数がかかりますが、国内とは違ってさまざまなバリエーションのなかから選ぶことができます。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ