医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

MEDICOMといえば「ヘルスケア」

MEDICOMといえば「ヘルスケア」

コンタクトだけではない「MEDICOM」

「MEDICOM」(メディコム)といえば、コンタクトレンズのCMでもよく聞く名前なので聞き覚えがある人は多いでしょう。ただ、あれはただの商品名に過ぎず、単語としての意味はあまりありません。ただ、日本国民にとって「メディコム=コンタクトレンズ」という限定的な認識が強く、あまりほかのものを指す言葉という考えにならない傾向があります。しかし、それはある意味で企業のブランド戦略が成功した事例と言えるので、これに学んでマーケティング戦略を検討することも一つの手段といえるでしょう。
 
 

 

業界では非常に知名度が高い!

さて、ここで取り上げる「MEDICOM」ですが、やはりヘルスケアに関連する企業です。主に医療機関で使用する電子カルテやコンピューターシステムを開発、運営を行っている会社で、業界では非常に知名度があります。ただ、あくまでも医療業界内で知名度があるという状況に過ぎないため、一個人が馴染みがある企業ということにはなりません。

 

日本は未曽有の危機に瀕している!?

現在、日本は未曽有の危機に瀕しています。その対象は「人口」なのですが、2100年には日本の人口が半減してしまうとまで言われているほど深刻な状況です。この背景には、少子高齢化が大きく関係しているわけですが、その最たる要因は出生率(特殊出生率)の低さにあります。欧米各国での出生率が夫婦1組当たり1.8〜1.9ほぼあるのに対し、日本人夫婦1組当たりの出生率はわずか1.4ほどしかありません。

 

 

 

100年足らずで日本の人口が半減する

夫婦(2人)に対して1.5人ほどしか子供が産まれないわけですから、当然ながら人口は25%ずつ減ってい行くことになります。また、生涯未婚率の増加も相まってその速度は尋常ではなく、わずか100年足らずで日本の人口が半減するという予測が立つわけです。

 

日本経済が圧倒的な窮地に瀕する!?

単純な解決策としては、結婚する割合を増やすとともに出生率を高めることができれば良いわけなのですが、これが中々難しい問題になってしまっています。医療の進歩によって平均寿命はどんどん延びている状況がある以上、この状況が継続していけば日本経済が圧倒的な窮地に瀕することは火を見るよりも明らかでしょう。

 

 

 

日本を安定させてきっかけを作れるか?

ただ、そういった問題があるからといって健康を維持管理する分野で事業が発展しないことは大問題です。MEDICOMが携わっているこの分野で大きな発展があれば、それが日本経済を上手に動かし始める大きな要因の一つとなる可能性があるとともに、将来の日本を安定させるきっかけになる可能性もあります。

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ