医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

個人輸入代行を使う時にはおくすり110番も使おう!

個人輸入代行を使う時にはおくすり110番も使おう!

店舗で医薬品を購入するには・・・

医薬品には病院でしか処方して貰うことが出来ないものと、ドラッグストアなどのお店で市販されているものがあります。市販されているものの中には、自由に買い物かごに入れて買う事が出来る医薬品もあれば、お店のスタッフにお願いをして棚から医薬品を取って貰い、購入出来る医薬品もあるなど様々です。お店のスタッフと言っても薬剤師の資格を持つ専門スタッフが欲しい医薬品を棚から持って来てくれるもので、仮に薬剤師が不在の時にはこうした医薬品を買う事が出来ないケースもあるのです。

 

個人輸入代行を利用するメリットとは・・・?

処方箋を作って貰う医薬品については、調剤薬局で医薬品を買うことが出来ますが、こうした医薬品は個人輸入代行を行っている通販店でも入手が出来ます。個人輸入代行は、文字通り個人で輸入を行っている人々で、個人輸入自体は誰もが行う事は出来ます。但し、海外の医薬品会社や医薬品を輸出する業者を見つけなければなりませんし、税関などの対応も輸入を行う人がやらなければならないなど、手続きが非常に難しいなどからも専門業者に委ねるケースが多いわけです。
海外から医薬品が発送される関係からも、多少の日数が必要ですが、処方箋薬よりも値段が安い、ジェネリック医薬品はさらに価格が安くなるため、個人輸入代行店を使って長期間服用する医薬品を購入する人も多くなっているわけです。医薬品には服用においての注意点が必ずと言って良いほどあるわけですが、注意点は調剤薬局であれば薬剤師が説明をしてくれますし、一緒に服用しては駄目な医薬品は処方箋を作る段階で、現在服用している医薬品を担当医に伝える、もしくはお薬手帳を渡すことで処方の可否を考慮して貰うことが出来るようになっています。

 

 

 

 おくすり110番のサイトを利用するメリットとは・・?

ちなみに、一緒に服用しては駄目な医薬品のことを禁忌薬と呼びますが、血圧を下げる薬を飲んでいる人が、特定の医薬品を服用した時、血圧が逆に上がってしまうなど、恐ろしい副作用が生じるなどが禁忌薬になります。知らずに個人輸入代行店で医薬品を購入したところ、それが禁忌薬だった時には自己責任になるわけですから注意しなければなりません。個人輸入代行店で医薬品を買う時、おくすり110番のサイトを使うと便利です。
おくすり110番のサイトには、大半の薬の情報が掲載してあり、それぞれの医薬品の注意点や服用の仕方、副作用などについての説明書きがあります。調剤薬局では薬剤師がこうした説明を行ってくれますが、おくすり110番を使えば薬剤師が説明を行ってくれるような情報をサイト内で入手が出来るのです。

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ