医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

ベストケンコーに対する評判は悪いものなのか

ベストケンコーに対する評判は悪いものなのか

本当に信頼できるの?

通販で医薬品を購入するとき、お店が信頼できるのかとても重要な問題です。特にバイアグラのように偽物が多く出回っている薬を購入するときには、正規のルートで薬が配給されているのかは利用者の健康を守る意味でも知らなければいけません。

 

では医薬品販売サイトとしては大手になるベストケンコーの場合には、どうなのかというと評判についてはかなり良いものと悪いものがわかれています。というのもベストケンコーは、正確に言えば海外から薬を日本に発送する個人輸入代行業者であるのですが、本物を輸入してるので大丈夫だというレビューが多くあります。一方で、それらの良い評判は業者自身が書き込んだものだから信用することができないという意見もかなりあるのです。

 

では手放しに褒めるのではなく、悪いことも書かれているレビュー記事はあるのかと見てみると、その多くは注文をした後に商品が届かない、何ヶ月も連絡なしの状態が続いてから届く、というものです。海外から発送をすることを考えれば日数がかかるのは仕方のないこととは言え、想像以上に遅れがあるというのはあまり良くありません。でも遅れて届いたものが偽物だというのはあまりないです。

 

 

 

レジットスクリプトからの・・・

さらにベストケンコーが客観的に信用できるのかということで調べていくと、気になるのがアメリカのオンライン薬局の監視機関でもあるレジットスクリプトという組織の動きです。ベストケンコーは日本語で購入手続きができるお店であるのに、実は日本における薬局の免許をもってはいないというのです。もちろん、個人輸入代行であれば拠点が海外にあるわけですから、それでも完全に違法とは言えないでしょうが、そういうことを知ってしまうと信頼していいものだろうか、と思わざるを得ません。そしてそれ以上に怪しく感じてしまうのは、日本以外からサイトにアクセスしても表示されないようにしているし、供給先も正規のルートであることがわからない、日本では未承認の薬を何の補償もせずに販売しているといったことが書かれています。

 

そういうこともあってレジットスクリプトはベストケンコーに対してかなりの圧力をかけているという記事があります。実はそういうことを反映するかのように検索サイトではいろいろな評判を調べることが出来るけれども、肝心のベストケンコーのサイトが見つからない状態です。

 

これまでも不正なオンライン薬局ではないかと疑う人たちの動きに合わせるかのように、サイトの閉鎖と新規開設を繰り返してきたようで、そういった悪い評判を知ってしまうと、手放しで信頼できるお店なのかということがよくわからなくなってきます。

 

 

 

自分の健康を守るために

個人輸入代行業者ということでは、他にもいろいろとありますが、安い薬や日本ではなかなか手に入らない薬を買える手段として活用している人は多いです。でも、何よりも大事なのは利用者が購入した薬を飲んだときに健康を守ることが出来るかですから、これほどにいろいろな評判があるお店に対しては慎重になったほうがいいでしょう。

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ