医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

ベストドラッグの2chでの悪い噂の真実

ベストドラッグの2chでの悪い噂の真実

規制された医薬品でしか改善できない患者さんの味方

ベストドラッグは海外で製造販売されている医薬品などの個人輸入代行を手掛けている業者です。
海外製の医薬品の中には世界的にもその安全性と効果が実証されている製品も数多くありますが、日本国内では薬機法の規制により輸入や販売が許可されていないことがあります。しかし、どうしてもその医薬品しか症状を改善できない患者さんにとっては厳しいものがありますが、救済策として個人輸入であれば合法的にそれらの医薬品を購入することが許されています

 

 

 

ベストドラッグの悪い噂:好きな量購入できない

そんな中で、巨大掲示板の2chでは一部のユーザーから悪い噂の書き込みがあり、しばし議論となっていました。そこに見られるのは、一般的なオンラインショッピングと個人輸入代行との違いを混同して、その差について不満を漏らすというケースがほとんどでした。医薬品の個人輸入には法律で数が制限されており、医薬品または医薬部外品は2か月分以内、外用剤や化粧品は1品目につき24個以内と規定されています。ベストドラッグでは世界中の優れたい薬品がリーズナブルなプライスで販売されていることや、個人輸入を自ら行なうには煩雑な手続きが必要となることから、この機会にそれらを代行してくれるサービスでまとめ買いをしておきたいという心理が働く傾向にあります。特に症状が厳しく他に緩和する手段が無い患者さんにとっては死活問題であり、十分な量の医薬品を確保して安心したいというのは当然の感情です。しかし、法律の関係から数が制限され、思うように購入できない苛立ちが現れたものだと思われます。

 

 

 

ベストドラッグの悪い噂:思っていたのと違う、効果を感じられない

また、オンライン通信全般に言えることですが実物を直接見ずに購入するため、思っていたのと違っていたというケースがありがちです。一般的な商品であればクーリングオフの適用となり返品や返金を求めることができますが、個人輸入は対象とならないため不満におもう方もいたようです。ただし、万が一不良品や間違った商品が届けられた場合にはベストドラッグの規約で交換してもらえるの安心して利用できます。
それらと関連して問題となったのが、求めていた効果を得られなかったと言う問題です。通常、医薬品を購入する際には医師の診断を受けて処方箋を出してもらったり、ドラッグストアなどでは薬剤師からの問診を受け、症状に応じて最適な医薬品が薦められるなどの措置が取られます。しかし、個人輸入代行の場合は商品紹介ページに記載されている説明文がそれらの説明の代替となりますが、それはあくまでも平均的な内容でひとりひとりの体質に適用されるとは限らないのをはじめ、自由に海外の医薬品を購入できる一方で自己責任になるためユーザーの判断にすべてが委ねられています。そこで誤った知識で医薬品を選んで購入した結果、求めていた効果を得られずに不満を漏らすケースも少なくないようです。

 

個人輸入代行サービスは大変便利なサービスですが、一般的なお買い物との違いや法体系について理解し上手に活用したいところです。

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ