医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

ベストケンコーの2chでの悪い噂の真相

ベストケンコーの2chでの悪い噂の真相

ベストケンコーは医薬品個人輸入代行サービス

ベストケンコーは日本最大の医薬品販売サイトを謳ったオンラインショッピングサイトで、その主軸となっているのが海外の製薬メーカーが製造販売している医薬品やサプリメントなどの個人輸入代行サービスです。
海外製の医薬品の中には安全性と効果が確認されていながらも、日本国内の薬機法により厚生労働省の認可を受けなければ販売できません。
その理由の一つは副作用などの確認を取るのが困難なところにありますが、自己責任を条件に個人輸入であれば合法的に入手が可能で、症状の緩和のためにはそれしか手段が無い患者さんにとっては貴重なルートとなっています。

 

 

 

2chで囁かれたベストケンコーの噂の真相

そんな中で、巨大掲示板の2chでは一部でベストケンコーの悪い評判が書き込まれていることがありました。
最も大きな理由とされているのが個人輸入代行に関する根強い不信感で、グレーゾーンではないかという意見や、現状を踏まえた上で患者さんの利便性に配慮して抜本的な法改正が必要なのではないかという意見もあります。
しかし、現行法においても医薬品の個人輸入は合法的に許されており、税関の規約でも関税の対象に「医薬品」というメニューが用意されていることからも個人輸入を想定している何よりの証拠です。
もうひとつの懸念はベストケンコーの所在地の問題で、これまで西インド諸島やイギリス領バージン諸島などに変更している点です。
数年前には租税対策を行なうために税制が優遇されるそれらの国々にペーパーカンパニーを開設するタックスヘイブンの温床となったなど話題となったこともあり、ベストケンコーも何かしらの問題があるのでは無いかと2chでも話題になりましたが、現時点においてもそのような事実はありませんでした。
また、ホームページアドレスが頻繁に変更になったこともさまざまな憶測を呼びましたが、ここで理解しなければならないのが諸外国のインターネット事情です。
世界の中でも日本国内のインターネットは稀に見るほど安定しており、大規模災害を除き滅多にトラブルを起こすことはありません。
しかし、諸外国のインターネットは頻繁にトラブルが発生するため、その度にアクセスが不能になるのを防ぐためにサーバーを分散して運営しているケースもあり、これがあらぬ誤解を招いたと言う背景もあります。

 

 

海外の会社だからこその日本の会社との相違点

最後に問題となったのが、ベストケンコーの本拠地と商品が発送された住所に違いがあった点です。
ベストケンコーでは正規品のみを取り扱っており、顧客からの注文があれば日本で言うところの問屋さんに発注し、そこから商品が直接顧客に届けられることがあります。
これは日本国内と大きく異なる海外の商取引の習慣から来るものであり、配送元の住所が違った場合に戸惑いを覚えるユーザーも居たようです。
個人輸入代行という一般的な商品の購入と大きく異なる特殊な方法であることから、それらの事情を踏まえて海外製の医薬品を合法的に入手できる貴重なルートとして上手に利用したいところです。

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ