医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグマートの2chでの悪い評判の真相

アイドラッグマートの2chでの悪い評判の真相

医薬品の個人輸入代行は関税がかかることも

アイドラッグマートは一見すると一般的なドラッグストアのオンライン通販サイトに思えますが、実際に提供されているサービスは個人輸入代行で、利用する際にはその性質をあらかじめ踏まえておくことが大切です。
海外の製薬メーカーが製造販売している医薬品には世界的にも安全性や優れた効果が確認された医薬品は多くの先進国では一般的なドラッグストアやスーパーマーケットなどで気軽に購入できますが、日本国内では薬機法により厚生労働省の認可を受けなければ販売できなかったり、医師からの処方箋を出してもらわなければ購入できないケースがあります。
しかし、明らかにその医薬品さえ入手できれば安全に症状が改善できると分かっているケースでは、個人輸入という道は貴重な手段で多くの患者さんを救っています。
前述のようにアイドラッグマートはオンライン通販サイトを利用するように手軽にそれらの商品を購入することができますが、その中で大きな違いとなるのが関税の問題です。
関税は日本国内の税関によって判断が行なわれるため、アイドラッグマートの側からは一切コントロールすることは不可能なだけではなく、関税の有無や金額さえも知る術も無いという法体系になっています。
 

関税事情を知らない人が2chに悪評を書くことも

そのため、購入時の価格以外に商品を受け取る際に別途料金が請求されたことから、大手匿名掲示板の2chでは悪い評判の書き込みも散見されていました。
関税が発生した場合には宅配便のドライバーが出納を代行するので商品を受け取る際に現金で支払いますが、これが実際に商品を受け取るまで分からないという点は、今後の法の在り方の大きな課題でもあります。
アイドラッグマートをはじめとする個人輸入代行サービスでは海外に拠点を置いており、オンライン通販サイトのように商品をカートに入れて注文すれば宅配便を通じて商品が配送されます。
商品は日本国内に持ち込まれる際に税関を通りチェックが行われますが、昨今では輸入を促進するなどの目的から規制が緩和される傾向にあり、個人が1個のパッケージを購入したり、数か月分のまとめ買いで2個から3個程度を購入する程度では100%とは言えませんが、ほぼ関税を気にする必要はありません。
しかし、1回あたりの購入金額が高額となってしまう場合、転売や業務での仕入れが疑われるほど大量に購入した場合には関税が発生することがあります。
医薬品の関税は5%から8%程度で、例えば1万円の商品を購入した場合には500円から800円程度です。
これらの事情を把握していない一部のユーザーはこの金額が突然請求されたことに驚き、2chなどの掲示板に悪い評判を書き込んでいるケースがあるものと思われます。
 

まとめ

最も世界で稀に見る程の強固な安全性や認可を重視した薬機法や、商品を受け取る直前まで発生の有無や金額が分からない関税に関する法体系は、昨今のオンライン通販や個人輸入代行の事情が想定されていないため致し方無い点もありますが、アイドラッグマートなどのサービスを利用する際には関税が発生する可能性について想定した上で上手に利用することが大切です。

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ