医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグストアは日本法人!?香港法人のオオサカ堂には偽物サイトも?

アイドラッグストアは日本法人!?香港法人のオオサカ堂には偽物サイトも?

海外業者には悪質業者が多いから要注意

アイドラッグストアやオオサカ堂は、医薬品を購入する人の代わりに個人輸入を行う代行業者です。
2つの違いは、アイドラッグストアは日本法人でオオサカ堂は香港法人などがありますが、アイドラッグストアは日本法人などからも、厚生労働省の指導に従い運営を行う代行店などの違いがあります。
ホームページには、海外の事業者は住所不明、国内のダミー会社に現金を振り込みさせるなど、違法で利用者に危険を及ぼしかねない運営を行っているなどと掲載が行われています。
これはオオサカ堂のことを言っているわけでなく、海外の事業者には悪質業者が存在していることを忠告するものです。
悪質業者の中には、商品代金の振り込みだけをして商品が届かないケースもあると言いますし、代金を失うだけならまだしも、健康被害を受けてしまうような偽物を取り扱っているケースもあるなど、危険があるわけです。
こうした事例もあるため、香港法人のオオサカ堂も一種の風評被害に遭っていることになります。
オオサカ堂は創業21年以上の歴史を持つ会社が運営を行っている個人輸入代行店です。
ちなみに、オオサカ堂には偽物のサイトが存在していると言われているため、口コミなどを使って正しいURLを入手した上で利用することが大切です。
 

院内処方の病院が減少…処方薬は調剤薬局に行かなければならない

個人輸入代行を利用する人が多くなっている現代ですが、通院が必要になると、治療経過を調べるための診察が行われる場合と処方箋だけを貰う場合のいずれかになるのが一般的です。
前者の場合は薬代の他に診療費などが掛かりますが、現在治療に使っている医薬品を継続すべきか、それとも別なものに変えるのか、こうした判定が含まれるケースもあるのではないでしょうか。
所で、処方箋は治療を行う医師が作成した薬のレシピのようなもの手、調剤薬局に持って行くと薬を買うことができる仕組みを持ちます。
従来は病院内にある調剤薬局に行けば必要な医薬品を受け取って、その場で会計を済ますなどができたり、調剤薬局で薬を貰ってから会計場所に移動して支払いを済ませるなど、病院だけで完結できたわけです。
現在でも院内処方を行っている施設もありますが昔と比べると数は少ないため、大半の場合が街中にある薬局やドラッグストアに出掛ける必要があります。
これは場合によっては不便なこともあり、面倒に感じて薬を貰うタイミングを遅らせた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
病院が家の近所にあるけれども薬局やドラッグストアがある場所は病院から見た際に家の反対側、しかも駅まで10分以上歩かなければならない、体調も辛い時などは大変です。
病院と自宅の間にドラッグストアなどがあれば立ち寄る感覚で薬を買うことができますが、位置関係に応じて不便なこともあるわけです。
 

処方薬と医薬品通販の違い

病院の処方薬は薬剤師により提供が行われますが、通販の場合は自己責任の範疇で使うなどの違いがあることを知っておかなければなりません。
また、通販薬局の中でも個人輸入代行店でなければ、病院の処方薬と同等のものを買うことができません。
病院の処方薬は日本国内などの製薬会社が開発した医薬品を厚生労働省が認可しているものです。

 

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ