医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

オオサカ堂はスマホでも使える!アイドラッグストアは日本法人だけど香港法人の疑問について

オオサカ堂はスマホでも使える!アイドラッグストアは日本法人だけど香港法人の疑問について

オオサカ堂は香港法人の企業

インターネットはパソコンで利用するよりも、スマホで利用するケースのほうが圧倒的に多くなっています。
今ではパソコンの使い方がわからない若者もいるくらいですから、現代社会において必須アイテムと言えるでしょう。
そのようなアイテムを使って個人輸入を通して医薬品を購入することができます。
個人輸入で大手と言われているオオサカ堂もスマホに対応しているレスポンシブサイトがありますので、利便性が高い使い方ができます。
もちろん振込なども銀行のサイトが対応していることがほとんどですので、購入することで問題が起きるようなことは少ないはずです。
欲しい製品について、しっかり理解した上で求めるようにしてください。
オオサカ堂は日本語表記をしていることから、日本の企業のように感じるでしょうがそうではありません。
香港法人になっています。
いろんな個人輸入に関する企業を取り扱っているのが特徴です。
似たような大手の個人輸入代行業者になるアイドラッグストアは日本法人になっています。
このような関係性から見ると、信頼することができるのは自国のように感じるでしょうが、印象だけで判断してはいけません。
 

なぜ日本法人のアイドラッグストアが安心なの?

なぜ日本の企業が安心できるのかというと、信頼することができる点になります。
これにおいてオオサカ堂もアイドラッグストアも同じです。
どちらも大手で偽物の医薬品を取り扱った過去がないことから信頼することができます。
確かに日本法人になると、トラブルに早急な対応をしてもらうことに期待することができますが、それは香港法人であっても変わりありません。
オオサカ堂のサイトを見て判断することができますが、すべて日本語表示されています。
サポートセンターも日本国内にあるわけではありませんが、日本語で対応してもらうことができますので、まったく問題が起きるような点はありません。
このように日本法人だけで判断してしまうのは、企業の評価を正しく判断することができなくなります。
国内にも海外の資本が入り、日本で有名になった企業も数多くあり、それらは信頼に値してることを忘れてはいけません。
 

個人輸入する医薬品は自己責任であることを忘れずに

個人輸入から求める医薬品は、日本では未認可の製品を求めることができますので、都合よく利用することができるでしょう。
しかしひとつ疑問が生じるはずです。
未認可の医薬品に違法性があるのではないかと考えるのは当然です。
しかし緊急性がある・医師の管理で行われる・他に代替案がない3つのケースに当てはまる時は購入することが可能です。
では個人で求めるのは違法になるのかというと、こちらは自己責任に限り購入することは可能になります。
本来日本で求めることができる医薬品は、仮に副作用で健康被害を受けたとしても国が治療費を補償してくれる救済制度がありますが、個人輸入を通して求めた医薬品はこの対象になりません。
だからこそ、自己責任になります。
これについてよく理解してからオオサカ堂などの個人輸入を利用するようにしてください。

 

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ