医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグストアは日本法人!?薬の通販オンラインで安全なのは香港法人?

アイドラッグストアは日本法人!?薬の通販オンラインで安全なのは香港法人?

ジェネリック医薬品ってどんなもの?

インドは日本とは異なり特許制度がない国だと言われています。
特許は医薬品を製造する上でとても重要なもの、このような考え方が日本には存在しているのですが、インドは特許を取得することなく医薬品の製造を行うなどから、ジェネリック品が蔓延している国と言っても良いのではないでしょうか。
医薬品開発には膨大な時間およびお金が必要になります。
ある程度開発を行った段階で、他の製薬会社が自社開発中の医薬品と同等成分のものを完成させてしまうと、それまでに掛けて来た時間およびお金が無駄になります。
そのため、開発を行う中で特許申請を行い、保護を掛けているわけです。
一般的な特許の存続期間は、出願してから20年と言われています。
しかし、医薬品は安全性などを確保しなければならない、試験の実施および日本国内の審査などで時間を要するなどから、最大で5年間の延長が認められているのが特徴です。
このことからも、医薬品の特許期間は最大で25年間になるわけですが、この権利がなくなると同じものを他の製薬会社が製造することができるようになる、これがジェネリック医薬品です。
国内のジェネリック医薬品は厚生労働省が許可を与えたものに限り、製造および販売が許されることになり、海外から輸入されるものも厚生労働省が認可しているものだけになります。
 

医薬品の個人輸入代行は自己責任が伴う

薬の通販オンラインは個人輸入代行を行い海外から医薬品を輸入している代行業者で、オオサカ堂やアイドラッグストアなどのお店が有名です。
利益確保のための輸入はできないけれども、個人輸入や代行なら可能などのような決まりがあるわけですが、個人輸入を行う医薬品の安全性は定かではありませんので、自らの責任においての使用が必要です。
厚生労働省が認めている医薬品やジェネリック品は処方を行う側の責任が問われることになりますが、個人輸入は法律的に認められているものの、あくまでも自己責任の中で使うことで許可が下りるものです。
オオサカ堂やアイドラッグストアは安全性が高い医薬品を自分の代わりに海外から輸入を行う代行業者ですから、100%の保証などはありません。
しかしながら、海外の業者の中には悪質な輸入業者も存在しているため注意しなければならないのです。
オオサカ堂も香港法人ですから海外の業者に含まれます。
 

大手を利用することでリスクを軽減させよう

アイドラッグストアは日本法人ではありますが、国内の業者でも悪質な所があるかもしれない、このように常に注意をしつつ薬の通販オンラインを利用することをおすすめします。
ちなみに、アイドラッグストアは日本法人で安全性が高いイメージもありますが、ネットの評判の中には良い評判も多い反面、悪い評判もゼロではありません。
悪い評判の大半は海外の医薬品の安全性に不安があることなど、一種の風評被害でありアイドラッグストアそのものを指しているものではないのです。
香港法人のオオサカ堂や日本法人のアイドラッグストア、有名なお店を利用することは必要最小限の安全性確保に繋がります。

 

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ