医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグストアは日本法人の通販薬局!?香港法人のオオサカ堂のニュースと言えば?

アイドラッグストアは日本法人の通販薬局!?香港法人のオオサカ堂のニュースと言えば?

長く運営を続けるオオサカ堂とアイドラッグストア

オオサカ堂は香港法人の個人輸入代行店の名前です。
海外の医薬品を購入者に代わり輸入をするビジネスを行っているものです。
アイドラッグストアは日本法人で、国内の企業が同じように海外の薬局から薬を輸入しています。
日本法人と香港法人の2つを比較した時、安心感があるのは日本国内の会社なのではないでしょうか。
しかし、オオサカ堂を使うユーザー数も多いため、海外事業者だから使わないなどの考えを持つ人も逆に少ないのかもしれませんね。
長く運営を続けていることは両者の共通点になるわけですが、長く通販店を続けるためには利用者数を増やす必要があります
対象となるものは医薬品ですから正規品を輸入しなければなりません。
仮に、偽物などを販売すれば信頼を失うだけでなく、摘発によりサイト閉鎖の可能性も出て来るわけです。
オオサカ堂およびアイドラッグストアは偽物を販売するなどのニュースが流れたことはありませんし、アイドラッグストアは日本法人ですから摘発されればすぐに警察から逮捕されることになる、これは海外事業者との大きな違いと言っても良いわけです。
ちなみに、個人輸入代行の仕組みはどのようになっているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
 

大量輸入ではなく注文分のみの輸入

例えば、アイドラッグストアは日本法人などからも、国内に倉庫を構えて海外から安い医薬品を大量に輸入を行っている、このようなイメージを持つ人も多いと言えましょう。
しかし、海外の医薬品は個人輸入のレベルであれば許されるけれども、大量の場合は厚生労働省の認可がなければ輸入ができない決まりになっています。
大量に輸入を行うことは世間一般的に言われている密輸に値するわけですから、このようなことを行えば犯罪に繋がります。
アイドラッグストアは1980年に設立された株式会社オズインターナショナルが運営を行っているもので、過去に大量輸入などの犯罪を行ったことはありません。
しかも、正規品を輸入するため厚生労働省からの指導を受けているなど、利用者からの高い信頼を得ているお店と言えます。
個人輸入代行の場合は、あくまでもお客さんからの注文分だけを海外から輸入を行うことが基本で、発注はアイドラッグストアなどの個人輸入代行業者が行うものの、商品は海外から直接発送が行われる仕組みを持ちます。
これはオオサカ堂の場合も同じで、注文した時には、オーストラリアやシンガポールなどの薬局から自宅に届く仕組みなっているわけです。
 

オオサカ堂にサイト閉鎖の事実はない

オオサカ堂はネットの中でサイト閉鎖になった、クレジットカードが使えなくなったなどのニュースを見かけることもありますが、サイト閉鎖は尋常なものではなく大問題です。
結論から言うとこのような事実はなく、以前利用していた人がお気に入りに入れてあるURLでオオサカ堂にアクセスした際に、そのURLが古くなっていたため、画面が真っ白の状態になって騒動を引き起こしたものです
現在もサイト運営を続けていますし、安心して使える個人輸入代行業者の一つです。

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ