医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

医薬品をホームページから注文!?オオサカ堂は香港法人でアイドラッグストアは日本法人!

医薬品をホームページから注文!?オオサカ堂は香港法人でアイドラッグストアは日本法人!

保険適用外の薬は経済的負担が大きい

医薬品には健康保険が使えるものと使えない2つの種類がありますが、保険が適用しない場合、医薬品を使用し続けないとならない時には経済的な負担が大きくなる、しかし治療を受けなければ症状は悪化してしまうなどの場合、経済的な負担が合っても利用し続ける人は多いわけです。
そもそも医薬品の保険適用と不適用はどのようにして決まるのでしょうか。
これは厚生労働省が保険適用である、保険適用外であるなど、国の機関が定めることで決まる部分であり、その大半は重大な治療として使うものでなければ保険が利かない、重大な治療として認知されれば保険が使えるなどの違いがあるようです。
 

保険の利く薬と利かない薬

保険が利かない医薬品の中でもED治療薬やAGAの治療薬などは、いずれも服用することで症状を抑制することができる医薬品でもあり、ED治療薬の場合は性行為を可能にするメリット、AGA治療薬の場合は脱毛症を引き起こす酵素と男性ホルモンが結び付かなくさせて、薄毛の症状を克服できるなどの薬効があるものです。
薄毛は病気ではない、EDについても病気ではない、こうしたことを考えた場合、病気とは言えなくても発症した本人にとっては重要なこと、保険が利かないので経済的な負担が合っても利用したい人は大勢いるわけです。
個人輸入代行は、こうした人々の経済的な負担を減らしてくれる画期的な通販薬局なのではないでしょうか。
通販薬局は海外から医薬品を利用する人に代わり輸入業務を行っているウェブサイトの総称です。
こうしたお店がネットの中には多数ありますが、オオサカ堂とアイドラッグストアの2つは利用する人が多いお店です。
 

日本法人のアイドラッグストアは安心

オオサカ堂は香港法人で実態が良くわからないので不安を感じる人もゼロではありません。
その点、アイドラッグストアは日本法人であり実態を掴みやすいなどの安心感もあるのではないでしょうか。
どちらも正真正銘の医薬品が自宅などに届くので安心なのですが、香港法人がネックになってしまう人はオオサカ堂を選ぶことはないわけです。
個人輸入代行は海外から医薬品を輸入する手続きを代行するサービスの総称です。
ホームページから注文を行うと、サイト運営会社が海外の会社に発注をかけます。
この時、オオサカ堂は注文を行った人の代理人をつとめるわけですが、商品が一旦オオサカ堂に届いてから自宅に発送されるわけではなく、直接取引先の会社から自宅の住所に届く仕組みを持ちます。
これはアイドラッグストアも同じで、日本法人や香港法人などによる違いはないのです。
 

創業38年の実績のアイドラッグストア

アイドラッグストアは日本法人ですから海外法人に抵抗を持つ人にとっては安心感があるのではないでしょうか。
また、個人輸入代業者の中でも創業38年の実績がありますので、長く営業を続けているなどからも信頼感もあるわけです。
但し、オオサカ堂も1997年に設立など創業年が長いため、実績においてはアイドラッグストアと同等と言っても良いのではないでしょうか。
ちなみに、アイドラッグストアは日本の公的機関を利用して成分試験や取扱商品の品質チェックを行っているなど、どちらも正規品が届きます。

 

 

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ