医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグストアは日本法人なので香港法人の薬の通販オンラインより大丈夫

アイドラッグストアは日本法人なので香港法人の薬の通販オンラインより大丈夫

医薬品輸入代行の落とし穴!

医薬品の個人輸入は、危険性の伴う行為です。
処方せんが必要ないので医療機関で薬を手に入れるよりも、薬代を抑えられるメリットがある一方で、偽物を買わされる危険性も潜んでいます。
危険性を理解しないまま利用すると騙されかねないので、医薬品の個人輸入を利用するならできるだけ大丈夫な方法を選びましょう。
 

 

日本語で書かれているのに海外サイト?!

医薬品の個人輸入で危険性が高いとされているのは、香港法人が運営するサイトです。
香港法人が運営するサイトのなかには、運営会社の所在地を曖昧にしたり国内のダミー会社を使って振込みをさせるなど、違法な運営をしているサイトも少なくありません。
また大手製薬メーカーの調査によると、インターネット上で取引される医薬品の約40%は偽物が占めるとされています。
危険の高いネット上の医薬品の取引に加え、運営会社の実態もわかりにくいとなると危険性が高いのも当然と言えるでしょう。
香港法人のサイトを利用すると偽物を買わされる可能性があるので、できるだけ避けなければいけません。
香港法人のサイトは、日本法人のサイトと一見すると見分けが付きにくいです。
たとえば薬の通販オンラインは香港法人のサイトですが、見た目は日本語のページで海外の法人が運営しているとは思えないデザインなので、初めての人は大丈夫な印象を持つかもしれません。
しかし薬の通販オンラインについて調べてみると、運営会社の所在地は香港にあることがわかります。
サイトに掲載されている特商法の表記によると、運営会社は香港で代表者も外国人であるとすぐに気付くでしょう。
カスタマーサポートの窓口も香港の休日は利用できないとなると、スムーズなサポートが受けられるか疑わしいところです。
一見すると日本法人で安心できそうでも、実際はこのように香港法人で危険なのではと疑いを持つサイトは薬の通販オンラインの他にもあります。
大手サイトが実は海外法人だということもよくあるので、医薬品を個人輸入するならしっかりと確認しておきましょう。
 

 

サポートも充実、安心安全の日本法人アイドラッグストア

アイドラッグストアは日本法人なので、海外法人にありがちな危険性がありません。
運営しているのは東京にある会社で、厚生労働省の指導に従って運営されています。
海外の医薬品ライセンスを持つ会社から商品を仕入れたり、定期的に成分試験をするなど独自の対策により偽物が入り込む余地を排除しているので、医薬品の個人輸入で利用しても大丈夫でしょう。
またカスタマーサポートも日本語の理解できるスタッフが常駐しているので、スムーズにサポートを受けることもできます。
気になることがあれば気軽に質問して解決できるサイトなので、さらに大丈夫な確率は高くなっています。
ネットのサービスを利用するときは運営者について調べないことがほとんどですが、医薬品の個人輸入のときには必ずチェックして大丈夫か確認してください。
大丈夫な日本法人のサイトを利用すれば、安全に格安な医薬品を手に入れることができます。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ