医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

香港法人のオオサカ堂で注文!?アイドラッグストアは日本法人なので安心!

香港法人のオオサカ堂で注文!?アイドラッグストアは日本法人なので安心!

海外には日本にないジェネリック医薬品がある!

医薬品の中には病院で処方が必要なもの、薬剤師がいる時だけ買うことができる市販薬、そして常備薬などのような自由に購入ができる3つの種類に分けることができます。
病院の処方薬は健康保険が使える保険薬と全額負担になるものがあるわけですが、長く飲み続けるとなれば経済的な負担も多くなりがちです。
ジェネリック品は後発医薬品で値段が安いのにも関わらず、先発品と同等の効果を得られるなどからも、担当医師から勧められた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
海外には多くのジェネリック医薬品がありますが、厚生労働省が認可を行っていないものも多いのが現状です。
また、厚生労働省が認可を行っていないものを輸入することはできないため、欲しい人は個人輸入代行を利用するケースが多いのです。
 

 

個人輸入は法律違反?

個人輸入も輸入の一つですから法律違反になるのではないか、このような疑問を持つ人も多いと言えましょう。
個人輸入は自らが海外より商品を仕入れるもの、輸入は国内で販売を行うために仕入れるもの、このような違いがあります。
厚生労働省は販売を目的にした医薬品の輸入は禁止していますが、自己責任の中で使う場合には認知しているなどの違いがあるようです。
仮に、個人輸入で大量に仕入れを行えば税関で怪しまれてしまうなどから、個人輸入は偽りであるなどのように捉えられてしまうのではないでしょうか。
個人輸入代行は、通販サイトを利用した人からの注文を海外の輸出業者に情報提供を行う、注文は個人輸入代行業者を利用した人からのものになるため、海外の輸出業者から直接品物が届くシステムになっています。
 

 

危険な業者、オオサカ堂?!

ところで、個人輸入代行業者にはどのような事業者があるのかご存知でしょうか。
ネットの中には色々な事業者があり、その中でも安心して利用することができるのがアイドラッグストアやオオサカ堂です。
アイドラッグストアは日本法人で、オオサカ堂は香港法人などの違いがありますが、ホームページから注文を行うと、海外の輸出業者に発注が行われ、輸出業者から直接自宅などの指定した場所に荷物が届きます。
仕入れ先についても正式な薬局から調達が行われるなどの共通点があるのですが、オオサカ堂は香港法人などからも、その仕入れ先が不明確であり、これを不安に感じている人も少なくありません。
これに対してアイドラッグストアの場合は厚生労働省からの指導基準に従い、正式な薬局から輸入を行うなどの違いがあり、こうした違いからアイドラッグストアを利用されている人も多いと言えましょう。
ネットの評判の中には、オオサカ堂は危険である、サイトがダウンしていて買い物ができない、このような評判を見かけることもあり、不安を抱いている人も多いようですが、これは海外法人などの先入観も多い部分ではないでしょうか。
その理由の中にはオオサカ堂を使って医薬品代の節約を行っている人も大勢いる、定期購入を行っている人も多いなどが挙げられます。
 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ