医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

医薬品の偽物を販売する悪質な海外の業者はどこ?オオサカ堂は香港法人でアイドラッグストアは日本法人

医薬品の偽物を販売する悪質な海外の業者はどこ?オオサカ堂は香港法人でアイドラッグストアは日本法人

薬が偽物?!日常に潜む罠

医薬品は病気の症状を緩和させる、治すなどの目的がありますが、
個人輸入代行業者の中には偽物の医薬品を平気で販売する悪質な業者も存在しています。特に、海外の業者の中には、偽物を発送するケースが多いなどからも注意をしなければなりません。
そもそも、医薬品は病院に行けば処方して貰えるわけですから、何故偽物などのリスクがある個人輸入代行店を使うのが疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

 

保険が効かない薬は高い……それなら海外のジェネリック!

病院の処方薬には健康保険が使えるものと、全額負担になる2つの種類に分かれます。
風邪をひいた時には抗生物質が処方され、熱がある時には抗生物質だけでなく解毒剤が処方されます。
これらの医薬品は健康保険が使えるため費用としては3割で済みます。
また、風邪薬などは1週間分や10日分などの量になり、大半の場合が処方されたものをすべて使い終わる頃には完治します。
医薬品の中には健康保険が適用されない、しかも長期間の服用が必要なものもあります。
例えば、男性型脱毛症の治療薬などは毎日服用が必要になりますし、服用期間自体も長くなるわけです。
健康保険が適用されれば経済的な負担も少ないわけですが、男性型脱毛症の治療は保険外になるため、その負担は大きくなってしまいます。
病院での診察なども含めた場合、医療費も高額になりがちなどからも、初診だけ病院を利用して以降の薬はネットにある個人輸入代行業者を使う人も増えています。
海外からの医薬品は値段が安いことやジェネリック品が多数出回っているため、日本国内の病院で処方して貰うよりも安価な値段で治療薬を手入れることができます。
ジェネリック品は医薬品特許が切れたものを、最初に開発した会社以外の製薬会社が製造販売を行っている後発品です。
医薬品は開発コストが多く掛かる、開発期間も長くなるため、途中で他の製薬会社が開発できないように特許出願を行うのが特徴です。
 

 

これからの医薬品は輸入代行!

これらのことからも、オオサカ堂やアイドラッグストアなどのような個人輸入代行業者を使う、薬代の節約を考える人が多くなっているわけです。
オオサカ堂やアイドラッグストアは偽物などを売り付ける業者ではなく、海外の正規品のみを販売しているなどの安心感もあります。
但し、オオサカ堂は香港法人ですから、海外事業者の中には悪質な業者もいる、オオサカ堂も同じなのではないかなどのように思う人も多いわけです。
その点、アイドラッグストアは日本法人が運営を行っているなどからも、安心感が高めと言っても過言ではありません。
但し、日本法人と香港法人だけで怪しい、悪質なのではないか、このように考えることは良くないわけです。
アイドラッグストアやオオサカ堂は何れも老舗とも言える通販薬局で、長い歴史の中で得て来た信頼があるお店と言えます。
仮に、悪質な販売を行っている時には、摘発されることで廃業に追い込まれる、結果的に長く営業を続けることができませんし、摘発される前に別のサイトを運営するなど転々とするわけです。
 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ