医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

薬の通販オンラインは香港法人、アイドラッグストアは日本法人。支払い方法の種類

薬の通販オンラインは香港法人、アイドラッグストアは日本法人。支払い方法の種類

これからの薬は個人輸入の時代?!

海外から商品を購入することはインターネットによって簡単に行うことができるようになっています。
これら個人が自身のために使用するために海外から商品を購入することは個人輸入と呼ばれる行為です。
個人輸入は、いくつかの制限がありますが、違法でない限りは自由に行うことが出来ます。
インターネットが普及した頃から登場したのが、医薬品の個人輸入代行サイトです。
実際のところインターネットが普及する以前から個人輸入は行われてきたものですが、日本に向けて発送してくれる業者そのものの数が少なく支払い方法にも問題があったため、一般的ではありませんでしたが、現在では多様な支払い方法の登場により、誰でも簡単に海外から医薬品を購入することができます。
医薬品の個人輸入は、リスクも伴うものですが、現状の法律では向精神薬の一部の薬を除いて個人が自身のために使うことを目的で購入すること自体は違法ではありません。
ただしその購入する薬は日本の法律の及ばないものですから、自己責任で、その薬を使うことになります。
 

 

個人輸入代行業者はほとんど海外法人?それって大丈夫なの?

また日本とは異なり、海外では偽薬の問題もあって、偽物を購入させられるリスクもあるものです。
このため成分鑑定などを行っているような個人輸入代行業者を選ぶ必要があります。
医薬品などの個人輸入代行業者の多くは海外法人が殆どです。
薬の通販オンラインも同様に香港法人であり、注文を受けるとシンガポールなどから医薬品が発送される仕組みです。
シンガポール発送が多い理由としては、製薬会社の製造能力が低いまたは製薬会社そのものがないような東南アジアの国々に医薬品を販売するための中継地となっているためです。
主にこれら個人輸入代行で手に入れることが出来る薬の多くは、オーストラリアやヨーロッパで製造されたものが中心で、またジェネリック医薬品大国のインドで製造されたものも販売されています。
一方で香港法人が多い理由は、タックスヘイブンであるためです。
 

 

日本法人で安心の個人輸入代行業者アイドラッグストア

そのような個人輸入代行業者の中にも実は日本法人も存在しています。
それがアイドラッグストアです。
アイドラッグストアは主に国内外で製造されているサプリメントなどの販売を行っているほか、正規の医薬品の輸入販売も行っています。
また個人輸入代行業も行っており、成分鑑定を積極的に行っているなど安心して薬の個人輸入が出来るような努力を行っている業者です。
支払い方法もアイドラッグストアは日本法人ですから、クレジットカード以外にも銀行振込やコンビニエンスストア決済などを利用することができます。
香港法人の薬の通販オンラインでもクレジットカード決済のほか銀行振込が利用することができますが、コンビニエンスストア決済などを利用することはできません。
またアイドラッグストアは国内で販売することができるものであれば代引も利用することができます。
また日本法人ですので日本人によるサポートを受けることができるのも他の個人輸入代行業者にはないメリットです。

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ