医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグストアは日本法人の創業38年!?オオサカ堂は香港法人でニュースに登場したことがある?

アイドラッグストアは日本法人の創業38年!?オオサカ堂は香港法人でニュースに登場したことがある?

海外医薬品をお得に個人輸入

後発医薬品のことをジェネリック品などと言いますが、先発医薬品の特許が切れた段階で製造が可能になるものです。
特許が切れた後は同じ有効成分の薬を作ることができるわけですが、既に有効性などが臨床試験の中で明確になっているなどからも、短期間での開発やコストを削減して製造販売が可能になるメリットを持ちます。
ジェネリック品には先発医薬品よりも飲みやすくするなどの工夫が行われているとも言われており、値段だけがメリットではありません。
日本では海外の医薬品は厚生労働省が認可をしなければ輸入ができないのですが、自分が使う分だけを輸入する、個人輸入なら認められているのです。
 

 

あくまで自己責任なのは忘れずに

但し、個人輸入代行を使って入手するものは自己責任になることを把握しておかなければなりません。
個人輸入代行を行う業者はそれ程多いものではないのですが、あまり聞いたことがない業者は利用を控えることが大切です。
医薬品は病気の治療などに使うもので、服用するタイプの場合は体内に入る、塗布するタイプも人体への影響があるなどからも、変なものが混ざっていると大変な事態を招くことになるわけです。
自己責任になることの意味は、このようなリスクがあることも含まれます。
また、医薬品は副作用が生じるリスクもあり、自己責任の範疇で利用することが求められます。
これは正規品を販売する香港法人のオオサカ堂やアイドラッグストアを利用する場合も同じことが言えるのです。
 

 

日本法人で創業38年のアイドラッグストアは安心

アイドラッグストアは日本法人がサイト運営を行っているのですが、個人輸入においては海外からの医薬品輸入業者であり、これはオオサカ堂と同じです。
日本の中で販売が行われているものは、薬事法に基づき承認が行われたもので、種類に応じて薬剤師がいなければ購入ができないものも含まれます。
承認を得るためには、動物実験や人間を使った治験を経て安全性が高いことなどの判断に応じて発売が可能になります。
これに対して、海外の医薬品の場合は、日本のような法律がありませんので不安材料もある、特に日本国内では認可されていないような添加物が含まれていることもあるため、個人輸入代行は危険などの評価をする人も多いのです。
尚、オオサカ堂やアイドラッグストアが販売する医薬品でニュースになったことはないため、安心して利用できるのではないか、このように思う人も多いと言えます。
ニュースに登場すると利用者は激減することになる、サイトの運営も危ぶまれることになるわけです。
ちなみに、アイドラッグストアは創業38年の老舗のお店で、オオサカ堂は創業18年です。
創業年数だけを見た時にはアイドラッグストアの方が長くなるため、信頼性も高いのだろうと考える人も多いわけです。
オオサカ堂はアイドラッグストアと比べると経歴そのものが短くなりますが、過去にニュースで取り上げられたことがない、そしてサイトを運営し続けているなどからも、安心して利用することができる個人輸入代行業者ではないでしょうか。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ