医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグストアは日本法人だから香港法人のように薬の通販オンラインで薬が届かないわけではない

アイドラッグストアは日本法人だから香港法人のように薬の通販オンラインで薬が届かないわけではない

安心なのは日本法人のアイドラッグストアだけ?

日本人には国内の法人だから安心することができるといった固定観念が植え付けられています。
多くの海外法人が日本に進出しているのに、そのサービスを知らずうちに利用しているのに、このような固定観念に植え付けられていることが多いです。
だからこそ個人輸入で医薬品を求めることができる業者でも、アイドラッグストアは日本法人で安心できるといった考え方をする人が多いです。
同じ個人輸入で大手であるオオサカ堂は香港法人であることから、不安を感じている人もおり、アイドラッグストアは日本法人だけで敬遠しているのが実態です。
 

 

購入した医薬品が届かない!?

薬の通販オンラインで医薬品が届かないトラブルに見舞われることもあります。
アイドラッグストアは日本法人になりますが、こちらも個人輸入で医薬品を入手する場合は、海外から取り寄せています。
これは香港法人であるオオサカ堂と同じに入手形式になることを理解しておきましょう。
つまりどちらも個人輸入の薬の通販オンラインを利用することで、薬が届かない事情が発生していることになります。
起きる原因として、いくつかあげることができるでしょう。
受注した側の不手際・郵送する段階での紛失・また申込みをした人の単純な記入ミスなどによって、薬が届かないことがあります。
このようなことは、香港法人であろうと、日本法人であろうとそれほど違いがないことを理解しておかなければいけません。
薬が届かないトラブルが起きることは、個人輸入から申し込むであれば起こりうることをしっかり理解してから利用することをお勧めします。

 

 

 

大手のサイトなら日本法人香港法人関係なくトラブルには対処してくれる

日本法人だから、個人輸入でよく起きるトラブルに見舞われる可能性が少ないと想像している人が多いですが、個人輸入がこのような形式を辿って消費者のもとに配達されることを知れば、日本の法人だから信頼することができるとは言えません。
香港法人であっても同じことが起こり得ることから、海外法人だけでトラブルが起きやすいと考える先入観は捨てるようにしましょう。
どちらにしても、もし薬が届かないトラブルが起きることがあっても、大手の個人輸入代行業者が運営しているサイトであれば、日本法人であろうと香港法人であろうとしっかり対処してもらうことができます。
日本法人はもちろん、海外法人にも、日本人スタッフが在籍していることから、トラブル内容を伝えることで対処してもらうことができます。
しかし医薬品になるからこそ、気をつけなければいけません。
対処してもらうことが出来たとしても、再配達になることから、それまで医薬品は手元にないことになります。
個人輸入のデメリットとしてあるのが、日本国内の薬の通販オンラインを利用するよりも配達に時間がかかってしまうことです。
それによって治療を行なうことができないことになります。
個人輸入で購入する医薬品のほとんどが、毎日服用しなければならない特徴を持っていることから、余裕を持って申し込みをすることをお勧めします。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ