医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

オオサカ堂は香港法人でアイドラッグストアは日本法人から見えてきたニュース

オオサカ堂は香港法人でアイドラッグストアは日本法人から見えてきたニュース

海外法人でも日本スタッフ対応のサポートを受けられる

 

日本法人と海外法人の違いがあるとするなら、サポートが受けやすくなることです。
日本法人のほうが日本人スタッフが在籍していることから、円滑なサポートを受けることができるでしょう。
しかしそうはいっても海外法人も侮ることはできません。
しっかり日本に根を張っている海外法人であれば、日本人スタッフはもちろん在籍していますし、充実したサポートを受けることができるようになっています。
海外法人だから日本法人よりは信頼できないと考えてる人が圧倒的に多いですが、あくまでも中身になりますので、そこで判断することをお勧めします。
 

 

オオサカ堂もアイドラッグストアも企業の体質に大差なし

個人輸入で有名なオオサカ堂は香港法人で、対するアイドラッグストアは日本法人になっていることから、信頼できるのは後者と考える人も多いでしょう。
しかし実際企業の体質などを見てみると、そう変わることはありません。
どちらも偽薬が販売製品に混ざらないように正規品を取り扱っていますし、定期的に医薬品の成分鑑定を行っていますので、安心して求めることができる素地が整っています。
海外の医薬品になると、有害物質が含まれていることもありますので、偽薬問題は懸念しておかないといけません。
そこからみても、香港法人であるオオサカ堂とアイドラッグストアは日本法人はそれほど差異はありません。
 

ニュース内容だけにとらわれず自分に合ったものをよく見定めて

しかし個人輸入に関してニュースに上げられているのは、圧倒的にオオサカ堂が多い現状があります。
海外の格安で購入できる医薬品を販売している業者に圧力を掛けている団体がアメリカにあります。
政府機関も支持しており、対象の国と連携して動いているのが特徴です。
個人輸入代行業者が運営しているサイトのドメインを管理しているレジストラに働きかけて停止されているのが、オオサカ堂です。
このようなことが起きていますので、度々サイトが落ち、新しいドメインで運営をしているような状況になっています。
この医薬品圧力団体は、アメリカの薬局協会から資金援助を受けて活動をしています。
オオサカ堂は香港法人であり、予てから貿易摩擦を起こしているアメリカと中国の関係が影響を及ぼしているとも指摘することができます。
つまりアメリカと敵対していることで、香港法人を狙っていると受け取ることが可能です。
このように海外法人だから狙われているのではなく、奥底には国同士のメンツをかけた争いが存在していることから、何も香港法人が悪質だからこのようなことが起きているわけではないことを理解しなければいけません。
とても重要なことは、なぜ個人輸入に頼らないといけないかを補完することです。
不安であるのであれば、保険適用外になるクリニックで処方を受けることも検討するべきですし、それができないのであればどちらが自分に合っているのかをよく見定めることが必要です。
ニュースとしてよく取り上げられている業者だけが悪いように断定するのは、いささか尚早な判断になることを認識しなければいけません。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ