医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

アイドラッグストアは日本法人なので香港法人の薬の通販オンラインより評価が高い

アイドラッグストアは日本法人なので香港法人の薬の通販オンラインより評価が高い

薬の通販オンラインとアイドラッグストアの比較

薬の通販オンラインよりも、ネット上で評価が高いのはアイドラッグストアです。
両者を比較してみるとまず異なるのは、サイトを運営している団体です。
アイドラッグストアは日本法人がサイトを運営していますが、薬の通販オンラインは香港法人が日本人向けに運営しています。
名前やサイトの内容から日本の企業が運営しているサイトと思いがちですが、実際には香港に現住所がある会社が運営しているので注意しましょう。
運営する団体が異なれば、同じ医薬品でもその他の面でさまざまな違いがあります。
薬の通販オンラインとアイドラッグストアで最も異なるのは、信頼性です。
 

 

安全性の違い

日本と香港法人の違いでも信頼性はかなり大きな差に感じますが、実際には大きな違いがあります。
アイドラッグストアは日本法人なので、厚生労働省の指導を守っています。
一方の薬の通販オンラインは、香港法人なので厚生労働省の指導がどこまで守られているのか疑問です。
指導を守らなくてもサイトを運営している法人が香港の企業なら、厚生労働省の管轄ではありません。
そのため効果的な指導や罰則などはできないため、守られていないと考えるのが妥当です。
またアイドラッグストアはサイト上で、信頼性に関する取り組みついてわかりやすく明示しています。
どのようなルートで販売する医薬品を調達しているのか見えないと、不安は大きく安心して注文できません。しかし
アイドラッグストアは、サイト上で販売しているのは医薬品販売ライセンスを持つ業者から調達していると明言し、国内法に触れるものも取り扱っていません。 
メーカーの純正品のみを販売し法律違反になるようなものを間違って買うことはないので、利用するときに安心感があります。
それに対して薬の通販オンラインは、どのようなルートで医薬品を調達しているのか不透明です。
たとえば同じ商品が安く売られているとアイドラッグストアより選びたくなるかもしれませんが、それは偽物を販売する闇の業者から調達した医薬品かもしれません。
 

薬の通販オンラインを利用するリスク

アイドラッグストアには定期的な成分試験をする仕組みもありますが、薬の販オンラインには販売する医薬品について保証する制度はありませんから、リスクはかなり高いと考えられるでしょう。
利用者の評価でもこの点について触れられていて、危険性が非常に高いとする口コミはいくつも見られます。
薬の個人輸入代行はトラブルも多くなっていて、安全に利用するためにはサイトの信頼性が重要になってきます。
となると香港法人で保証制度もないサイトを利用するのは、他人の評価を見るまでもなく危険だと判断できるでしょう。
トラブルの多い薬の個人輸入代行をするからこそ、利用するサイトは信頼性で選ばなければいけません。
薬の個人輸入代行で利用するサイトは、ネットの評価を参考にしながら選ぶでしょう。
確かにネットの評価も参考になるのでチェックすることは大切ですが、サイトに書かれている情報も考えながら決めましょう。

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ