医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

空詩堂での購入は違法になるのかを検証

空詩堂での購入は違法になるのかを検証

医薬品の個人輸入は犯罪?

空詩堂は、シンガポールに本社を置く会社であるため場所を考慮して医薬品を購入すれば特に違法性はありません。そもそも、医薬品に関連する扱いは薬機法において定められていますので、それに反しない範囲で個人が医薬品を購入することは罪ではありません。これは、具体的な事例を考えていくとわかりやすいです。
例えば、日本では様々な外国人が暮らしていますが、そういった人達の中には基礎疾患を抱えている人も少なくありません。そして、基礎疾患を抱えている人の中には、日本では販売されていない海外の医薬品を利用しないと、症状を改善することができないケースも存在します。このような場合に、海外から医薬品を購入してはいけないとなると、その人物の健康状態を害してしまうことになります。そのため、薬機法でも個人が個人の病気を治療する目的で海外から医薬品を購入することは禁止していません。
ただ、誤解をしてはならないのは全てのケースで医薬品の購入が認められているわけではないという点です。仮に、個人が海外から販売や転売を目的として医薬品を購入する場合には、その行為が罪に問われる可能性もあります。
 

個人輸入代行業者を選ぶ前に

 

日本国内で医薬品の売買を行う場合には、認可を受けた存在が医薬品を取り扱わなくてはいけません。販売や転売を行うときにも、こういった認可が必要になりますので独断で行うことができない現状です。実は、これは単純に他人に対して譲り渡す行為であっても同様です。海外から医薬品を購入するときには、完全に本人の病気を治療する目的で購入しなくてはいけないので、購入したものを譲渡しないように気を付けなくてはいけません。
また、実際にこういったいわゆる個人輸入を利用する場合には違法性の存在する業者を選択しないように気を付ける必要があります。上述のように、薬機法では独断で利益求める行為を日本国内で医薬品を利用して行ってはいけません。実は、これは仲介業者に対しても当てはまります。例えば、海外とコネクションの存在する中間業者が日本国内に存在する場合、日本国内の中間業者が注文を受けてそれを海外の会社に連絡をし、そこから中間マージンを受け取っているケースでは罪に問われる可能性が高いです。薬機法では、こういった中間マージンに関する利益が関連している場合には禁止されています。ですから、個人輸入をする場合には信用性のある所を利用しなくてはいけません。
 

個人輸入のルールを守って

基本的に、医薬品はその人物を治療するために購入できます。日本国内にいたとしても、海外の医薬品を用いないと治療することができない場合には、それを輸入して購入することは悪いことではありません。ただ、ルールを守る必要はあります。当然ですが、非合法の手段で入手してはいけませんし全く認可の受けていない医薬品や業者がそこに関わってもいけません。そういった個人輸入の最低限のルールを理解して購入すれば、安全に利用できるようになります。

 

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ