医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

空詩堂の薬の個人輸入は、違法なのか、合法なのか?

空詩堂の薬の個人輸入は、違法なのか、合法なのか?

個人輸入の代行って合法?違法?

「空詩堂」は、薬の個人輸入をしている会社であり、自社のホームページで通信販売を行っています。そのため、誰でも気軽に利用できますし、薬の個人輸入をしたい人にとっては便利なサービスを提供している会社だと言えるでしょう。しかし利用する上で気になるのは、こうした商売が合法なのかどうかということです。個人輸入というと、怪しげな商売というネガティブなイメージを持っている人も少なくないでしょうし、いくら便利といっても、自分が違法行為に加担するのは御免だと考えるのは当然です。それに法的にヤバいことをやっているところは、商品の安全性に疑問が出てきますし、金銭トラブルの不安もあります。
では、空詩堂という会社はどうなのかというと、結論から言えば、違法性はないと言えます。
 

 

割高でもニーズのある医薬品の逆輸入

そもそもこの会社は、シンガポールに拠点を置きながら日本製の医薬品を逆輸入しているのが大きな特徴です。海外向けに輸出された日本製の医薬品を、シンガポール経由でさらに日本へ輸出し直しているというわけです。他の有名な個人輸入の会社は、海外製の医薬品を主に扱っている場合が多いため、この会社は少し変わったサービスを展開していると言えます。
では、なぜ日本製の医薬品をわざわざ逆輸入するのかというと、それは医師から処方してもらいにくい薬を入手したい人や、通院する暇がない人などに需要があるからです。日本では、ドラッグストアなどで誰でも買える薬もありますが、医師からの処方がないと使えない薬もあります。これは、安全性を考慮するために法律でそう定められているのですが、さまざまな理由によって処方なしで薬を手に入れたいと考える人もいるというわけです。
そこで問題になるのは、処方薬を勝手に販売していいのかということですが、もちろん、日本国内で直接販売するのはNGです。しかし、海外からの個人輸入という形であれば、そのルールさえ守れば違法性はありません。向精神薬などの個人輸入が禁止されている医薬品もありますが、それ以外のものなら問題はないと言えます。そして空詩堂では海外製の医薬品も扱っているのですが、先ほど説明したように、個人輸入のルールさえ守っていれば海外製でも問題はありません。
 

 個人輸入は自己責任

 

また空詩堂は、2009年から事業を始めている会社なので、最近出てきたばかりのサイトビジネスとは違って、一定の信頼感があると言えます。もし法的に問題があることを続けているのであれば、既に摘発されて、会社自体が存在しないでしょう。それにネットの口コミ情報を見ても、偽物を掴まされたといった噂も特に見られないので、その点は安心してよいと言えます。
ただし、本来は医師から処方されるべき薬を個人の判断で入手して使うと、安全性が確保されないため、個人輸入はあくまで自己責任で行う必要があります。いくら違法ではないといっても、健康を損なったら意味がないので、その点もよく考えながら利用するようにしましょう。

 

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ