医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

空詩堂も減便により商品が届くまでの遅延が生じている

空詩堂も減便により商品が届くまでの遅延が生じている

空詩堂を利用するメリット

 

空詩堂は、2009年に開設された医薬品の個人輸入代行サイトです。こちらのお店を運営しているのは、シンガポールに本社を置いているトリプルファームシンガポール有限責任株式会社と呼ぶ企業です。一般的に、個人輸入代行サイトは海外の医薬品を安く購入できるお店などのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、こちらのお店の場合は海外の医薬品以外にも日本製の薬も取り扱っているなどの特徴があります。日本の中にいるので日本製の薬など買う必要がない、このように考える人も多いかと思われますがクリニックなど医療機関で処方されているものはその都度病院に行かないと買うことができません。その点、空詩堂を使えば病院で処方箋を貰って入手できるものを、通販サイトを通じて手に入れることができる、手間をかけることなく欲しいものが手元に届くメリットは大きいのではないでしょうか。
 

個人使用目的なら違法にならない

日本製の医薬品の場合は、シンガポールから逆輸入といった形になり、いったん海外に輸出されるようです。ただ、処方箋を貰うことなく日本製の医薬品を個人輸入はできるけれども、海外の医薬品と比べると値段が高めなどからもジェネリック品を選ぶ人が多いのが実情のようです。特に、保険が適用する医薬品の場合は、国内であれば3割負担で買うことができるわけですから、個人輸入代行店を通じてわざわざ高いものを買う必要もないわけです。ちなみに、医薬品の輸入には厚生労働省の認可が必要であること、その認可とは対照となるお薬の安全性を確認していることを意味するもので、海外の医薬品の多くは否認可薬のようです。このようなものを輸入して販売することは違法になりますが、個人レベルでの輸入において違法にはならない、それゆえに空詩堂のような個人輸入代行店が続々と登場しているなどの理由があります。
 

新型コロナウィルスによる発送の遅延

なお、空詩堂は2009年から営業を続けている個人輸入代行店などからも信頼性は高め、ネットの口コミ評判の中で偽物を販売しているなどの噂はないため選択肢の一つと考えている人も多いのではないでしょうか。日本製の医薬品の個人輸入代行も行っている、これは他のお店にはない部分ですからネットの中でも注目を集めており、実際に利用されている人も少なくありません。最近は、新型コロナウィルス感染拡大の影響で航空機の数が激減している、これに伴い空詩堂で注文してから品物が届くまで遅延することが多いようです。遅延する理由がルートによるものであればまだしも、注文してから発注されるまでのタイミングが遅いなどでは安心して利用することはできませんよね。空詩堂の公式サイトでは、2020年9月1日に商品の発送に遅延が生じていることが明記してあり、一時期に比べると国際郵便の大幅な遅延は多少改善しているとあります。ただし、新型コロナウィルスは世界的に悪化している関係からも、航空機の減便による影響で以前のようには戻っていないのが現状、出荷から届くまでには2〜3週間を要することもあるようです。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ