医薬品輸入代行,オオサカ堂,アイドラッグストアー

お薬堂の医薬品輸入代行の特徴について

お薬堂の医薬品輸入代行の特徴について

ネットでも安全にお薬が買えるの?

お薬堂では医薬品輸入代行をしていて、日本で未承認の商品を取り扱っています。薬機法では不特定多数に未承認医薬品情報を公開することは禁じられていて、閲覧するためには20歳以上であることと「未承認医薬品」が掲載されていることを了承することが必要です。
一方で、個人が利用する目的のために医薬品等を輸入することは認められています。つまり個人輸入代行という立て付けによって利用できるため、実店舗のドラッグストアーでは利用できない商品も取り扱うことが可能なのです。ただし、個人が利用する数量は限られていることから購入する個数にも制限があることは覚えておくと良いでしょう。

 

お薬堂は販売実績があり、プライバシー面への配慮も

お薬堂は各医療機関やエステサロンなど、様々な業者との取引実績がありそのノウハウを活用して商品を提供しているのです。このため安心できる商品を厳選していて、もちろん正規品のみを取り扱っています。
メールとパスワードだけで会員登録が可能なので、 プライバシーにも極力配慮している仕組みにしているようです。
特に強みなのが、育毛サプリメントのラインナップと美容サロンでも利用しているようなダイエットサプリメントなどの種類が豊富なことです。

注文からお薬のご使用まで

商品を個人がサイトで購入してから、お薬堂がまとめて海外の業者に注文して発送の手続き行います。商品の在庫や販売国によっては現地国内の手続きが必要なため、1~2週間程度の期間が発生することがあるため余裕を持った注文を心がけましょう。このほかの注意点としては、クーリングオフが対象ではないことです。利用も副作用含め十分理解したうえで個人の自己責任となるため、注意が必要です。
通常の病院などで副作用が出た場合は救済措置というものが存在しています。日本では流通していないものが手に入る一方で、救済措置などはあまりなく自己責任という立て付けになっている点は十分確認したうえで検討すると良いでしょう。もし副作用があって、輸入代行業者にクレームをしても責任は取ってくれないのです。
ちなみにどのような効果効能があるかを問い合わせても、回答することもできません。これは、医薬品のアドバイスが出来るのは薬剤師や医師など医療関係者で許可された人だけが行うことが可能です。なので初めて利用する場合などは輸入代行ではなく、クリニックなどに相談しながら自分に合ったものを利用したうえで検討するとリスクを下げられます。最近では、インドのジェネリック医薬品が人気です。

 

▼▼気になる医薬品輸入代行業者のまとめはこちら▼▼

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ